敏感なアトピー肌にはバリアが必要|強固なガードで守る

育毛剤でまつ育

目を閉じる女性

起こりやすい副作用

まつげ育毛剤は使用上の注意をしっかり守って使用する必要があります。病院で手に入るまつげ育毛剤は強い発毛効果があります。しっかり発毛するので満足しますが、同時に副作用が起こるリスクが高くなります。病院だけで手に入るまつげ育毛剤には医薬品が使われています。医薬品の種類によって、充血、かゆみ、赤み、色素沈着などの副作用がでやすくなります。そのような症状が出たら一旦使用を中止して、病院に行って相談をしてみることが大事です。無理をして使用し続けると症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。また、育毛剤で発毛効果を感じるまでにいくらか時間がかかります。まつげのヘアサイクルはだいたい4カ月なので、4カ月使い続けることがベストです。

ヘアサイクルが正常になる

どんな体毛にもヘアサイクルがあります。まつげもヘアサイクルに沿って4カ月ごとに生え変わっています。しかし、マスカラなどのアイメイクによってダメージを受けると、ヘアサイクルが乱れて十分に成長する前に抜け落ちます。そうするとまつげがスカスカになります。まつげ育毛剤には、まつげをしっかり成長させる「まつ育効果」があります。ヘアサイクルを正常に戻す有効成分を配合していて、新しいまつげが生えやすい環境に整えることが出来ます。美容皮膚科などの病院では、まつ育効果が高いまつげ育毛剤を取り扱っています。1日一回夜寝る前に少量塗るだけでまつ育ができ、自然にボリュームが増えてマスカラなしで過ごせるまでになります。