敏感なアトピー肌にはバリアが必要|強固なガードで守る

育毛剤でまつ育

目を閉じる女性

毎日のアイメイクによるダメージでヘアサイクルが乱れるとまつげが少なくなります。病院で処方してもらうことができるまつげ育毛剤は発毛効果が高い分副作用も起こりやすいので、十分に注意をして使う必要があります。

もっと読む

たった1本でスキンケア

クリーム

メディプラスゲルは、肌に優しいオールインワンゲルです。スキンケアは、擦ることで肌に負担をかけてしまいます。メディプラスゲルの場合は、擦るとカスが出る性質があるので、擦らずに顔を包み込むように使います。保湿効果も高くナイトクリームとしても使えるスキンケアなのです。

もっと読む

バリア機能の低下と対策

鏡を見る女性

痒みなどの特徴

産まれたての赤ちゃんや成人した大人など、幅広い層にアトピー肌に悩む方はいらっしゃいます。主にその原因は解明されていませんが、遺伝的な場合や、ハウスダストやダニ、アレルギーや生活習慣など、様々な要因は挙げられます。症状は、顔や体に赤い発疹が出来、じりじりと痒みが広がります。アトピー肌の方の皮膚の特徴は、極端に皮脂が少ないことと、皮膚の表面を覆う角質層の、水分保持能力が弱くなっていて、バリア機能が低下してしまっている状態です。暑い季節などには、その痒さから無意識にかきむしってしまうことも増えるので、弱っている部分がさらに傷となり、特に顔の場合などは、化粧水などがしみて何もつけられないといった悩みを抱える人が増えるでしょう。

上手に付き合うために

アトピー肌の方の皮膚に足りないものは、油分です。そして同時にバリア機能を高めてあげることで、肌にツヤと滑らかさを与え、より健康的に見えるようになります。皮膚のバリア機能の役割をする成分が、セラミドといわれる保湿因子です。セラミドには、科学的なものから、オーガニックコスメの分野ではコメ由来など、種類も様々あります。スキンケアアイテムを選ぶ際に、セラミドが配合されているものを選ぶようにすると、肌にツヤと輝きを与えるだけでなく、成分がしみにくい、少しずつですが強い肌に育てていけるでしょう。また、赤ちゃんのような敏感で薄い肌を守るために作られたアイテムを使うと、アトピー肌をマイルドに洗い上げ、潤いをもたせてくれるでしょう。無理をせずに、やさしい処方で作られたものを選ぶことが大切です。

今こそ洗顔を見直そう

頬を触る人

コスメをもっと楽しむには、確実に肌に汚れを残さないことが大切です。肌のコンディションを維持するために、クレンジングを見直しましょう。オイルクレンジングの場合指にあまり力を入れなくても汚れが落ちます。肌への負担が少ないものを選びましょう。

もっと読む